2013年 プリンシパルステークス レース後のコメント

   

東京11Rのダービートライアル(1着馬に優先出走権)、プリンシパルステークス(3歳オープン、芝2000m)は7番人気サムソンズプライド(田辺裕信 騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分1秒4(良)。クビ差2着に1番人気ミエノワンダー、さらに1馬身1/4差で3着に2番人気マジェスティハーツが入っ た。

サムソンズプライドは美浦・杉浦宏昭厩舎の3歳牡馬で、父メイショウサムソン、母フェザーレイ(母の父エルコンドルパサー)。通算成績は11戦3勝となった。

【2013年 プリンシパルステークス レース後のコメント】
1着 サムソンズプライド(田辺騎手)
「前 走乗って、面白い馬だなと感じていました。勿論ダービーの出走権ということもありましたが、とにかくいい競馬が出来ればと思っていました。他に逃げ馬がい ないので、レース前からハナを主張して行こうと考えていました。乗りやすい馬で、こちらの言う通り動いてくれて、ゴーサインにしっかりと反応してくれる馬 です。(ダービーへの意気込みを聞かれて)う~ん...やるしかないでしょう」

2着 ミエノワンダー(北村宏騎手)
「トモが弱いところがあって、坂を上がるのに苦労していました。よく来ているだけに勝ちたかったですが、緩いところがある中、よくここまで来ました。まだ変わる余地はあると思います」

3着 マジェスティハーツ(蛯名騎手)
「スタートで他の馬に寄られたのが痛かったですね。ただ、直線の脚はすごかったし、スムーズなら違っていた」

4着 アルバタックス(浜中騎手)
「最初は頭が高く、行きたがっていましたが、向正面ではリズム良く行けました。しかし、3、4コーナーで他の馬を気にするところがあって、外へ外へふくれてしまいました。それでも、馬群に飲み込まれそうでもう1回伸びているので、外へ行ってしまった分かもしれません」

5着 ガチバトル(田中勝騎手)
「この距離でもこれくらい頑張ってくれたので、いいのではないでしょうか」

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - プリンシパルステークス , , , ,