2013年 第61回 京都新聞杯 レース後のコメント

      2013/08/07

京都11Rの第61回京都新聞杯(GII、3歳、芝2200m)は1番人気キズナ(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分12秒3(良)。1馬身1/2差2着に9番人気ペプチドアマゾン、さらに1馬身1/4差で3着に11番人気ジャイアントリープが入った。

キズナは栗東・佐々木晶厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母キャットクイル(母の父Storm Cat)。通算成績は6戦4勝となった。

【2013年 京都新聞杯 レース後のコメント】

1着 キズナ(武豊騎手)
「中でモタれたりして体勢が悪くなったところでゲートが開いたので、出遅れる形になりました。でも無理に位置を取りに行ったりはせず、この馬のリズムを守ってレースを進めました。直線、ゴーサインを出してからの脚はさすがですね。この馬の走りを見せてくれました。ダービーに向けていいレース、ますます楽しみです」

(佐々木晶三調教師)
「隣の馬(2番サンガヴィーノ)が暴れていた影響で立ち上がってしまったようですが、大丈夫でした。強いですね。レースの後も馬はケロッとしていました。ジョッキーももっと良くなると言っていましたし、これからダービーに向けて頑張ります」

2着 ペプチドアマゾン(藤岡康騎手)
「今日の馬場は前が止まらないので、前のポジションでレースを進めました。コントロールのしやすい馬で、展開も向きました。でも今日は勝ち馬が強かったですね。この馬も楽しみです。秋にはもっと強くなりそうです」

3着 ジャイアントリープ(北村友騎手)
「ゲートもしっかり出て、いいポジションからレースを進めることが出来ました。3~4コーナーもスムースで直線は手応え十分、本当によく頑張ってくれました」

4着同着 シンネン(福永騎手)
「うまく行きましたが...。ゲートをタイミング良く出て流れに乗れましたし、スムースに捌けましたが...もうワンパンチでした」

4着同着 ウインアルザス(中井騎手)
「今日のような速い流れの中で踏ん張ってくれたのは力をつけているしるしでしょう。それだけに悔しいです。つつかれた時に引いてしまうとフワッとしてしまいますからね。本当に馬がよく応えてくれただけに悔しいですね」

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - 日本ダービー , , , ,