2012年 プリンシパルステークス レース後のコメント

      2012/07/07

東京11Rのダービートライアル(1着に優先出走権)、プリンシパルステークス(3歳オープン、芝2000m)は1番人気スピルバーグ(内田博幸騎手)が 勝利した。勝ちタイムは2分0秒9(良)。1馬身3/4差2着に7番人気ローレルブレット、さらにクビ差で3着に3番人気アルキメデスが入った。

スピルバーグは美浦・藤沢和雄厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母プリンセスオリビア(母の父Lycius)。通算成績は6戦2勝となった。

~レース後のコメント~

1着 スピルバーグ(内田博騎手)
「出遅れ気味にスタートしましたが、焦らずにインに入りました。ペースが落ち着いていたので、まずいなぁと思ったが、コーナーで外に出すことなく回れて、 直線で外に出しました。このペースでこれだけ伸びるのですから、これからが楽しみな馬ですね。ダービーに何とか間に合わせたいと思い、この馬の力を信じて 乗りました。本番ではライバルになりますが、切れる脚のある馬なので、いいレースが出来ると思います」

(藤沢和雄調教師)
「ずっと使っていたので仕上がっていました。共同通信杯3着くらいから流れが悪かったのですが、勝てて良かったです。また調整してダービーに向かいます。騎手は未定です」

2着 ローレルブレット(田辺騎手)
「内枠でロスなく乗りました。1400mの後なので、出して行かずに出たなりで運びました。距離は平気です。スムースにうまく捌けました」

4着 タイセイグルーヴィ(蛯名騎手)
「いい馬ですが、体力がないので、大事に使っていけばもっと良くなってきます」

8着 フジマサエンペラー(田中勝騎手)
「悪い位置ではありませんでしたが、伸びませんでした」

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - プリンシパルステークス, 日本ダービー , , , ,